難聴をのりこえよう|頻繁にめまいが起こるなら早めに治療を【放置すると危険な症状】

頻繁にめまいが起こるなら早めに治療を【放置すると危険な症状】

レディー

難聴をのりこえよう

男性

大体どれくらいかかるか

補聴器は、耳が聞こえにくい人にとって欠かせない大切なものです。大切なことを聞き漏らさないためにも、補聴器はできるだけ性能の良いものをつけたいところです。さて、今回はその補聴器の価格の相場について調べていきましょう。まず、補聴器といっても色々な種類があります。耳穴型オーダーメイドのものは、個人個人の耳の穴に合わせて一つ一つ作られるもので10万〜35万程度かかります。次に既成耳穴型補聴器ですが、こちらは比較的お手頃で7万円ほどです。ポケット型のものは音楽プレーヤーのような形をしたもので3万〜8万円ほどです。最後に耳かけ型のものですが、こちらは一番おしゃれなタイプです。気になる価格は7万〜35万前後と様々です。

保険や補助金は通るのか

補聴器はけがや風邪で薬を服用することを考えるととても高価なものだといえます。少しでも安く買いたいものです。実は、ある認定を受けることで、補聴器を購入するときの価格を下げてもらえる法律があります。それは障がい者総合支援法というものですが、聴力がとある基準を下回った場合、国から障がい者認定を受けることができます。ただし、この規定された水準聴力はとても低いものであり、小、中程度の聴力障がいでは認定されることはありません。次に認定が通った場合の自己負担額ですが、原則総額一割負担です。よって、障がいの程度が重いほど価格の高い補聴器にも手を出すことができるので少し安心といえば安心です。購入を検討されている方は自分の認定級数をしっかりと確認しましょう。