頻繁にめまいが起こるなら早めに治療を【放置すると危険な症状】

医者

聴力を補う装具

ドクター

補聴器は聞き取りを補助するものですが、仕事や日常生活でのさまざまなメリットがある上にオーダーメイドも可能なので、たくさんの人が使っています。これを選ぶ場合はその目的を認識した上で、病院で聞き取りの測定をしてもらい、お店で試聴してから買うようにすると良いでしょう。

もっと読む

自分に合った物を選ぶ

相談

補聴器はとても多くの種類がありますが、選び方のポイントは高性能であり、さらに自分の耳にしっかりフィットさせることができる物を選ぶことが重要です。必要であれば、自分の耳にフィットさせることができる自分専用の物を製作してもらうことも重要です。

もっと読む

体が静止できない病気

メンズ

体が回転する感じがする

じっと静止をしているのに、急に目の前が回転するような感覚でめまいを感じる方がおられます。回転性めまいと呼ばれる疾患で、代表的な病気にメニエール病があります。症状を起こしている場所が、耳の中にある平衡感覚を司る三半規管です。三半規管はリンパ液で満たされていますが、体を動かすと中のリンパ液も同時に動き出し、中の感覚毛も動きだしてその基盤の有毛細胞が刺激されますので、体の動きが神経に伝達されて検知できます。メニエール病は三半規管内部のリンパ液が増大することにより、この動き検知システムが上手く機能しなくなり、結果としてめまいを感じるようになります。しかし、めまいを感じるのはメニエール病だけではありません。

症状が出たら耳鼻科に受診

自律神経失調症でもめまいが起こります。血圧は自律神経がコントロールをしていますが、自律神経系のバランスが崩れると血圧が低下して、脳への血液供給量が減ってしまう事で目の前が真っ暗になったりします(立ちくらみ)。他には中枢性・全身性・薬剤性のめまいもあります。姿勢制御や運動に関する小脳・脳幹に障害が現れますと、体がふらつく動揺性のめまいが起こります。原因は多岐にわたりますので、詳しい検査が必要です。他にもストレスによる心因性のめまいなどもあります。めまいが起こると日常生活にも深刻な影響を及ぼし、自分一人では歩くことも困難なケースもあります。家族の方にこのような症状が出たら、すぐに耳鼻科を受診して検査を受けなければならないでしょう。場合によっては脳神経科に紹介される事もあります。

難聴をのりこえよう

男性

補聴器には様々なタイプが存在し、それによって値段もまちまちです。高価なものは40万円弱もするのでなかなか手が出しにくいところですが、障がいの程度によっては補助金を利用し大幅な価格の低下を認められるので、購入を検討する人は自分の級数を確認しましょう。

もっと読む